7.◆nNpsGHZb/E アンチモルダウ

=========================================================
URL送付分:
http://music.geocities.jp/tseirproodni2/txt/nnf13_11key.txt
http://sky.geocities.jp/otonokogiri/kaki/nanasikansou1307kou.html
http://www.kt-rpg.sakura.ne.jp/text/nnf13akikanso.txt
http://music.geocities.jp/mfv2_001/danoni/noname13Atm.txt
=========================================================

7:◆nNpsGHZb/E:
Music ≫ アンチモルダウ
Difficulty ≫ 11key / Hard 〈 ◆nNpsGHZb/E 〉
Rank ≫ SA
 Speed ≫ 1.24 x ( Setting : 3.75 x )
 Scroll ≫ 11k-Def
 BarDrain ≫ Default
  [Rec :Dmg = 2: 7 /FailON]
 (・∀・)イイ!! ≫ 668 / (`・ω・)シャキン ≫ 38
 ( ´∀`)マターリ ≫ 4 / ( `Д´)ウワァン!! ≫ 8
MAXCombo ≫ 359
 (゜∀゜)キター!! ≫ 61 / (^ω^)セフセフ ≫ 5 / (・A・)イクナイ ≫ 0
 FREEZECombo ≫ 66
 SCORE ≫ 87526


軸が難しかったですね。Altが11keyらしい。
 左手は伴奏と言うのがが終始一貫されてたのが良いですね。
================
7:◆nNpsGHZb/E:両手のフリーズアローが決まると気持ちいいですね。
================
7:◆nNpsGHZb/E:
ボーカルがほぼ全編を通して拾われており、そのお蔭かプレイしながらでも歌詞が良く聴こえて便利ですね。
唯一ボーカルを拾っていない1:07〜1:18における縦連配置も打ち応えがあり、
歌唱部以外では1:29〜1:37での8分連打+オニギリが見事なノリの良さだったなと。
ただ、0:25や0:47のような16分の片手固め打ちはあまり多用するべきではないと思います。
================
No.11-07 アンチモルダウ(5点)

[四分間隔・ズレ](1/2点)
●以下の配置ミスが確認されました。
 ・1459Fのノートがボーカルに対して16分1つ分遅い
 ・5619Fのノートがギターに対して16分1つ分遅い

[プレイヤーへの配慮](1/1点)
○問題ありませんでした。

[譜面評価](3/7点)
○1:07からの縦連複合が楽しかったです。
○ギターソロにある16分軸配置がしっかりと決められる配置でよかったです。
○2:10からの上下複合は11keyらしいプレイ感があり、
 打っていてたのしかったです。
○2:20のスネア・ライドシンバルの配置が良かったです。
 ライドシンバルがおにぎりに当てられているのがいいですね。
○ラスト(2:29)は配置もこれしかないというくらいはまっており、
 加えて変速も重いギターを効果的に演出していてよかったです。
●0:21にある、知らな「きゃ」のようなスタッカート的な部分に同時押しを当てると、
 リズム的に譜面が締まっていいかなと思いました。
●スネアドラムは3連ではなく4連なので、2204Fにもノートが欲しかったです。
●1:59からのサビは一部が半音上がっているのですが、
 この辺の違いを譜面から見ることができなかったので少し残念でした。
================
7:◆nNpsGHZb/E:7点

Music ≫ アンチモルダウ
Difficulty ≫ 11key / Hard 〈 ◆nNpsGHZb/E 〉
Rank ≫ SA
 Speed ≫ 0.83 x ( Setting : 2.5 x )
 Sp.Motion ≫ Brake
 Scroll ≫ 11k-Def
 BarDrain ≫ Default
  [Rec :Dmg = 2: 7 /FailON]
 (・∀・)イイ!! ≫ 591 / (`・ω・)シャキン ≫ 101
 ( ´∀`)マターリ ≫ 15 / ( `Д´)ウワァン!! ≫ 11
 MAXCombo ≫ 228
 (゜∀゜)キター!! ≫ 61 / (^ω^)セフセフ ≫ 4 / (・A・)イクナイ ≫ 1
 FREEZECombo ≫ 60
 SCORE ≫ 79617

局所難。縦連打がいい味出してますね。
 密度が濃い部分とそうでない部分がありますが、
うまく組み合わせているせいか違和感がありませんでした。
 難所が来そうなところに難所が来る、集中しやすい譜面です。
================
07.アンチモルダウ

間奏の7keyパートが非常に盛り上がりがあって楽しいです。
ただ5keyと7keyの複合や早めの右手移動など、
11keyらしい要素を前半部分にももっと盛り込んでも良かったと感じました。
================

戻る